microCMS

DELETE /api/v1/{endpoint}/{content_id}

最終更新日: 2020/09/04

PATCH APIを用いることで、コンテンツの削除をAPI経由で行うことができます。
プランによってDELETE APIのリクエスト上限数は異なります。

リクエストヘッダー

X-WRITE-API-KEY

POST, PUT, PATCH, DELETE APIリクエストの際に必要な認証キーです。
リクエストヘッダーに含めて送信してください。
未使用の場合は削除しておくことを推奨します。

Information

API-KEY / WRITE-API-KEYはサービス内の全API共通となります。
そのため、クライアントサイドから直接APIを呼び出すことでユーザーがキーを把握できてしまう場合、エンドポイントさえ分かれば他のAPIも呼び出せてしまうことにご注意ください。
対処法としては、サーバサイドからAPIを呼び出す、またはJamstack構成にするなどしてキーを漏洩しないことが挙げられます。

リクエストボディ

不要です。

レスポンス

正常にコンテンツを削除できた場合は202レスポンスが返却されます。