microCMS

レビュー申請機能が追加されました

更新情報
2020/08/03 柴田 和祈

大きめのアップデートのご紹介です。

コンテンツ公開の際にレビュー申請を出せるようになりました。
エンジニアの皆さんであれば、GitHubのプルリクエストはご存知だと思います。
そのコンテンツ版を想像していただけると良さそうです。

フリープランからご利用可能です。
(フリープランはメンバー数1名までなので、セルフレビューという形になります)

使い方

コンテンツ編集画面にて「レビュー申請」ボタンが追加されています。

こちらをクリックすると、レビュー申請画面に遷移し、タイトルと説明(任意)を入力することで申請を出すことができます。

レビュー画面はタイムライン形式となっており、以下のイベントが追加されていきます。

  • コメント
  • レビューステータスの変更
  • レビュータイトル / 説明の変更
  • コンテンツの更新
  • コンテンツの公開


承認者がレビューをし、問題なさそうであれば「コンテンツを公開」ボタンをクリックします。
そうするとレビューは終了し、その場でコンテンツが公開されます。
コンテンツはまだ公開しないが、レビューはOKという場合は「公開せずに終了」ボタンをクリックします。

レビュー機能はコンテンツ管理画面とは独立しており、左メニューから参照することができます。

クリックすると現在申請中のレビューと終了済みのレビューの一覧画面に遷移します。

権限設定

レビューということで、当然権限管理も必要です。
ロール設定画面にてレビュー申請まわりの権限が設定できるようになっております。

  • 閲覧権限(自作成のみ)とすることで、自分が作成したレビュー申請のみが閲覧できるようになります。
  • 編集権限(すべて)とすることで、「コンテンツを公開」ボタンが押せるようになります。


その他、細かい仕様

  • 下書き状態のコンテンツのみレビュー申請が可能
  • 編集権限(編集のみ)では他人のコメントの削除はできない
  • レビュー申請中のコンテンツは、コンテンツ管理画面から「公開」「予約」「削除」はできない


おわりに

レビュー申請機能のご紹介でした。
社内の承認フローに合わせてお使いいただけると幸いです。
レビュー作成時の通知機能や、レビュアーの指定はまだ出来ないので今後対応予定です。

-----

microCMSは日々改善を進めています。
ご意見・ご要望は管理画面右下のチャット、公式Twitterメールからお気軽にご連絡ください!
引き続きmicroCMSをよろしくお願いいたします!

ABOUT ME

柴田 和祈
microCMSのデザイン、フロントエンド担当 / ex Yahoo / 2児の父 / 著書「React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで 」 / Jamstack

microCMSとは

  1. 開発者、編集者どちらも分かりやすい管理画面

  2. 細かな権限管理や豊富な外部サービス・データ連携

  3. 安心の日本製・日本語でのチャットサポート