microCMS

コンテンツを下書きに戻した時専用のWebhook設定を追加しました

更新情報
2020/10/08 松田 承一

こんにちは、ウォンタ株式会社の松田です。
本日の更新情報をお知らせします。

コンテンツの非公開時用のWebhook設定を追加しました

本日よりコンテンツを公開状態から下書き状態に戻した時のみ動作するWebhook設定を追加しました。
設定をするには、API設定→Webhookにて「コンテンツの非公開時」という選択項目が追加されていますので選択・保存してください。

例えばJamstack構成を取っている場合には、ビルド(Webhook)のタイミングというのはとても重要です。
一方でこれまでのmicroCMSでは記事を非公開にした場合のみのWebhookを飛ばすことができず、下書き保存時全てでWebhookを飛ばす必要がありました。
そのため無駄なビルドを行っているケースも多かったかと思います。

今回の更新により必要最小限のビルドで済ませることができるため開発ワークフローの改善にも繋がるでしょう。
ぜひ便利にご活用ください!

-----

microCMSは日々改善を進めています。
ご意見・ご要望は管理画面右下のチャット、公式Twitterメールからお気軽にご連絡ください!
引き続きmicroCMSをよろしくお願いいたします!

ABOUT ME

松田 承一
ウォンタ株式会社の代表 / 家族=👨‍👩‍👧 / ヤフー→大学教員など→現職 / 管理画面付きAPIがすぐに作れるmicroCMSというサービス作ってます。

microCMSとは

  1. 開発者、編集者どちらも分かりやすい管理画面

  2. 細かな権限管理や豊富な外部サービス・データ連携

  3. 安心の日本製・日本語でのチャットサポート