microCMS

コンテンツのインポートができるようになりました!

更新情報
2019/10/16 柴田 和祈

ご要望の多かった、コンテンツのインポート機能を追加しました。

手順

インポートはCSVファイルを利用して行います。
CSVファイル以外の形式には現時点(2019/10/16)では対応しておりません。

それでは順を追って説明していきます。

1. コンテンツ一覧画面で「インポートする」をクリック

コンテンツ一覧画面において、コンテンツが0件の場合にのみ「インポートする」というリンクが表示されます。
こちらをクリックしてください。


2. サンプルのCSVファイルをダウンロード

手順1にて、モーダルが表示されたら input-format.csv というリンクをクリックし、サンプルのCSVファイルをダウンロードしてください。
こちらのCSVファイルは、APIスキーマに沿った形式のものが自動的に出力されます。


3. 内容を書き換え、アップロード

サンプルに沿って2行目以降を書き換えて、ファイルを選択後、「インポートを開始」ボタンをクリックしてください。


注意

  • 「画像」形式に関してはインポートに対応しておりません
  • 「リッチエディタ」形式ではプレインテキストでの保存となります
  • contentIdは空欄OK、入力する場合は重複不可となります


4. インポート処理

インポート処理はバックグラウンドで行われるので、インポート中は他の作業を行っても構いません。
処理は最大でも1分以内には完了すると思います。

5. 完了

インポート処理が完了されると、コンテンツ一覧画面にて完了モーダルが表示されます。
無事インポートしたコンテンツが表示されていれば完了です。


おわりに

microCMSは日々改善を進めています。
ご意見・ご要望は管理画面右下のチャット、公式Twitterメールからお気軽にご連絡ください。

引き続きmicroCMSをよろしくお願いいたします。

ABOUT ME

柴田 和祈
microCMSのデザイン、フロントエンド担当 / ex Yahoo / 2児の父 / 著書「React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで 」/ #JAMstack