microCMS

管理画面からコンテンツの検索ができるようになりました🔍

更新情報
2020/03/04 柴田 和祈

兼ねてよりご要望の多かった機能が追加されました!
今回の修正より、管理画面からコンテンツのフィルタリングができるようになりました。

操作方法

下図のように、コンテンツの一覧画面にフィルターというボタンが追加されました。

クリックすると、コンテンツをフィルタリングするための設定項目が出てきます。
ここでフィールドに対してフィルタリング内容を指定していく方式となります。

フィルタリングを行う

下記のようにフィールドによって指定できる内容が変わってきます。

  • ステータス:公開中 / 下書き中 / 予約中 / 公開中かつ下書き中 / 公開中かつ予約中
  • テキストフィールド:完全一致 / 部分一致
  • テキストエリア:完全一致 / 部分一致
  • リッチエディタ:検索不可😢
  • 画像:検索不可😢
  • ファイル:検索不可😢
  • 日時:以降 / 以前
  • 真偽値:オン / オフ
  • コンテンツ参照:完全一致
  • 複数コンテンツ参照:部分一致
  • 数字:完全一致 / 部分一致 / 大なり / 小なり


フィルターは複数設定でき、それぞれANDでの検索になります。
例えば、公開中かつカテゴリーが更新情報のコンテンツを検索したい場合、下記のように指定します。

フィルタリング実行後はフィルターボタンの隣に何件分のフィルターが設定されているのかが表示されるため、その有無で現在がフィルタリング状態なのかどうかを判断することができます。
また、フィルタリング内容に応じて表示件数 / 全体件数も更新されます。

元に戻したい場合は、一度フィルターボタンを押していただき、「元に戻す」リンクをクリックしてください。

おわりに

今まではコンテンツが増えてくると管理画面内で探すのが大変でしたが、フィルタリング機能でバッチリ探し出すことができるようになりました!
是非ご活用ください!

-----

microCMSは日々改善を進めています。
ご意見・ご要望は管理画面右下のチャット、公式Twitterメールからお気軽にご連絡ください!
引き続きmicroCMSをよろしくお願いいたします

ABOUT ME

柴田 和祈
microCMSのデザイン、フロントエンド担当 / ex Yahoo / 2児の父 / 著書「React入門 React・Reduxの導入からサーバサイドレンダリングによるUXの向上まで 」 / JAMstack