microCMS

APIスキーマのエクスポート / インポートに対応しました

更新情報
2020/03/16 松田 承一

いつもmicroCMSをご利用いただきありがとうございます。
ウォンタ株式会社の松田です。
本日の更新情報をお知らせします。

APIスキーマのエクスポート / インポートに対応しました

かねてよりご要望の多かったAPIスキーマのエクスポート / インポートに対応しました。
APIスキーマをJSONファイルとして出力し、APIの作成時にこのJSONファイルをインポートすることで手動による設定を省くことができます。

APIスキーマのエクスポート

まずはエクスポートからです。
APIスキーマをエクスポートしたいコンテンツを選択し、「API設定」→「APIスキーマ」を選択してください。

画面の下部にエクスポートメニューが表示されているのでこちらをクリックしてください。
エクスポート結果であるJSONファイルをダウンロードできます。

APIスキーマのインポート

次にインポートです。
インポートは先ほどダウンロードしたJSONファイルをAPIスキーマの設定時に読み込むことで行います。

下記画像の①よりAPIの作成を開始し、いくつかの項目を入力後に表示される下記の画面で②からファイルを選択してください。
※権限によっては①が表示されていない場合があります。表示されていない場合はサービスの管理者様にお問い合わせください。

ファイルを選択するとエクスポートした内容と同一のスキーマ設定が入力されます。
内容を確認後、問題がなければAPIを作成してください。

注意点

エクスポートする側のコンテンツでコンテンツ参照を使用している、かつ、別サービスでAPIをインポートする場合は参照関係を維持することはできません。
ご自身で改めて参照先APIを設定していただく必要がありますのでその点についてはご注意ください。

おわりに

APIスキーマのエクスポート / インポートについてお伝えしました。
テストとして一時的に別のAPIを用意したり、他の方にAPI構成を伝えるために便利な機能となっています。
ぜひみなさまお試しください!

-----

microCMSは日々改善を進めています。
ご意見・ご要望は管理画面右下のチャット、公式Twitterメールからお気軽にご連絡ください!
引き続きmicroCMSをよろしくお願いいたします!

ABOUT ME

松田 承一
ウォンタ株式会社の代表 / 家族=👨‍👩‍👧 / ヤフー→大学教員など→現職 / 管理画面付きAPIがすぐに作れるmicroCMSというサービス作ってます。

microCMSとは

  1. 開発者、編集者どちらも分かりやすい管理画面

  2. 細かな権限管理や豊富な外部サービス・データ連携

  3. 安心の日本製・日本語でのチャットサポート